ワンダーカジノでバカラを楽しむ方法

ワンダーカジノ

日本では、カジノは少し遠い存在になります。ポーカーくらいは家族で遊んだことがある、という方がほとんどではないでしょうか。

しかしオンラインカジノの登場で、少しづつ日本でも浸透し始めているようです。

日本でもIR法などによって関心も高まってきている今、ワンダーカジノで人気のバカラを楽しんではいかがでしょうか。

ワンダーカジノの登録方法

オンラインカジノを楽しむためには、まずはサイトに登録を行う必要があります。

オンラインとは言え、実際に現金取引であるために、ここはしっかりとしたシステムが構築されています。

まずワンダーカジノの公式サイトを開き、画面右上の「すぐ登録」ボタンをクリックします。

 ワンダーカジノ公式サイト

 

会員登録画面になるので個人情報を登録しましょう。

全て記入して「登録する」で次へ進みます。

手続きはこれだけです。

ワンダーカジノの登録方法については、別のページでもさらに詳しくまとめています。

ワンダーカジノ(Wonder casino)公式サイト登録方法
ワンダーカジノなら出金スピード最短30秒、出金限度額1億円(実質無制限)、仮想通貨なら本人確認が不要というオンラインカジノ業界でも優遇された環境が注目されています。もう他のカジノでは勝てないと思った人が最後の楽園としてワンダーカジノを選んでいる理由が分かると思います。

 

まずはボーナスポイントで楽しんで、その後に入金などを行うと良いかもしれませんね。

操作方法や不明な点は日本語のサポートが充実しているので、即座に質問ができます。

ワンダーカジノではライブチャットやメール、LINEで365日24時間の日本語サポートがあります。

返信のスピーディーさにも定評があり、運営の管理体制が充実していることが伺うことができて安心です。

バカラの一般的なルール

序章

有名なカジノのゲームに「バカラ(Baccarat)」というものがあります。

皆さんも、一度は耳にしたことがあるかと思います。

カジノゲームの一種であり、トランプを使用して行われるゲームです。

 

しかし、そのルールを知っている若しくは説明できるという人は決して多くないはずです。

日本ではあまり馴染みがなく、まだ浸透していないため当然といえば当然です。

そんな「バカラ」のルールがどのようなものか紹介していきます。

概要

一言で説明すると、「仮想の「バンカー」と「プレイヤー」である2人の勝負を予想する」ものです。

これだけではまだよく分からないと思うので、順を追って説明していきます。

大前提として、「バカラ」で遊ぶ際に、ユーザーはゲームに直接的に関与しません。

実際にトランプにも触れません。

この写真のように、ディーラーが全ての進行を行います。

したがって、複雑な流れを読んだり、難しい判断を迫られるたりもしません。

「バンカー」と呼ばれる胴元役と、「プレイヤー」と呼ばれるバンカーに対する賭け枠の勝負に対して、どちらが勝つかを賭けるゲームです。

つまり、運の要素が強いゲームとなっています。

シンプル故に、人気があるとも思われます。

 

この理論にあっては、パチンコやパチスロにも通ずるところがあります。

パチンコホールでの人気機種というのは、「ジャグラーシリーズ」や「海物語」といった至ってシンプルなゲーム性のものです。しかも、長年不動の人気作となっているため、ギャンブルの王道というものは、シンプルで分かりやすいものなのかもしれません。

ルール

若干脱線しましたが、具体的なルールを説明していきます。

・「バンカー」と「プレイヤー」による勝負の決め方は、2枚のトランプの合計数下一桁で判断されます。

例:3+4=7 5+7=12→

・この合計数下一桁「9」に近い者が勝者となります。

・最初に配られた2枚のトランプの合計が「8」若しくは「9」の場合、その時点で「ナチョラル(無条件勝利)」となります。

・トランプの数え方

「A」は「1」。

「2」~「10」は「2」〜「10」。

「J」「Q」「K」の絵柄は「10(0)」。

「JOKER」は含まれていません。

・配当にあっては、以下の通りです。

プレイヤーに賭けて勝利=1:1(2倍)

バンカーに賭けて勝利=5%の手数料が引かれる(1.95倍)

・タイ(引き分け)に賭けた場合は、カジノで指定されている倍数となります。

・サードカードルール(3枚目もトランプを引く条件)

プレイヤー(PLAYER):下一桁が「1」~「5」

バンカー(BANKER):下一桁が「1」~「6」及びプレイヤーの数値の方が高い。

ワンダーカジノで楽しめるバカラゲーム

ワンダーカジノではバカラのラインナップもたくさん用意されており、キャンペーンなども展開されていて様々なシーンで楽しむことができます。

4種類のゲーミング会社を採用しており、特に人気なのはライブバカラです。

ライブバカラでの最小ベット額は1ドルと少額のため、初心者にも遊びやすくなっています。

通常のバカラよりも展開が早く、ちょっとした隙間時間にも楽しめます。

他のバカラではなかなか遊ぶことのできない「バカラスクイーズ(絞り:バカラで配られたカードを、ジワジワとめくりながら確認する行為)」も用意されています。

ゲームのルールを知らなくてもどちらかに賭けるだけなので、初心者にもプレイしやすいのが特長です。

1ドルから楽しめるので、まずは「入金不要ボーナス」で楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

そんなワンダーカジノのライブバカラについて紹介していきます。

ライブバカラを運営している4つの会社とバカラゲームの種類について解説します。

エボリューション・ゲーミング(Evolution Gaming)

1 会社概要

ライブカジノの開発、販売、ライセンス供与などを行っているゲームプロバイダー。

本社はスウェーデン・ストックホルム。

地域別の売上はヨーロッパが最大ですが、アジア地域も2割強を占めています。

2 バカラゲームの種類

エボリューション・ゲーミングのライブバカラは「8種類」あります。

それらを紹介していきます。

・Baccarat A〜C

こちらは、通常のバカラとなります。

A〜Cと、合計「3」テーブルあります。

・Speed Baccarat A〜K

通常のバカラと比較して、ゲームの進行が早いです。

例えば、カードを伏せずにすぐに提示したり、次のゲームまでのスパンが短縮されています。

短い時間で多くのゲームを行いたい方にオススメです。

展開も早いことから、圧倒的人気を博しています。

A〜Kと、合計「11」テーブルあります。

・Speed Squeeze

「スクイーズ」とは「絞り」のことで、カードをジワジワめくりながら確認することです。

バカラの醍醐味とも言われています。

このゲームでは、ベット金額が多い「バンカー」「プレイヤー」、どちらかに対して「スクイーズ」が行われます。

・Baccarat Control Squeeze

このゲームでは、ゲームインターフェイスの特殊動画オーバーレイを活用し、自身でスクイーズすることができます。

カードの角または端をクリックやタップし、少しずつ表に向けることができます。

サスペンスを上げるには、カードを伏せた状態でカーソルを移動させ、ゆっくり数字を見ます。

ただし、スクイーズができる時間は、各ラウンドで割り当てられた特定の時間のみとなっています。

・Lightning Baccarat

20%の手数料を支払うことにより「ライトニングラウンド」が発生。

これは、バーチャルの52枚のカードパックからランダムな枚数(1〜5枚)のライトニングカードが引かれます。

これらのライトニングカードには、ランダムに「ライトニングマルチプライヤー(2x、3x、4x、5x、8x)」が割り当てられています。

ライトニングカードが勝ちに含まれている場合、そのカードに割り当てられたライトニングマルチプライヤーがユーザーへの配当額に乗算されます。

通常のバカラと比べ、よりギャンブル性が高いゲームです。

・Salon Prive Baccarat 1〜2

一言で説明すると、VIP専用ルームです。

ここで遊ぶには、$15,000の残高が必要となっています。

・No Commission Baccarat

「No Commission」。つまり、「販売手数料が必要ない」ゲームです。

「ノータックスバカラ」とも呼ばれています。

通常、勝ち分には「5%の手数料」が引かれており、払戻額はベット数の「95%」となっています。

その「5%の手数料」を差し引かれないようにしたのが、「No Commission Baccarat」です。

ただし一定の条件もあり、バンカーに賭けて「6」の数字で買った場合には、払戻額が「50%」となります。

この条件のことを、「バンカー6」と言います。

・No comm Speed Baccarat

「No commission(販売手数料なし)」と「Speed(早いゲーム展開)」を組み合わせたものです。

マイクロ・ゲーミング(Micro Gaming)

1 会社概要

マイクロ・ゲーミングは、オンラインギャンブルのゲーミングソフトウェア企業です。

1994年に世界初のオンラインカジノ作った、この業界における先駆け的存在となっています。

有名映画やキャラクターとのコラボゲームに定評があります。

1000種類以上のオンラインゲームを有している人気会社です。

2 バカラゲームの種類

・BACCARAT

マイクロ・ゲーミングのライブバカラは「1種類」のみとなっており、通常のバカラです。

プレイテック(Playtech)

1 会社概要

1999年に設立されたソフトウェア会社です。

開発ゲーム数は、「600」を超えています。

2006年にはロンドンで市場で上場しており、確かな実力と人気を誇っています。

2 バカラゲームの種類

プレイテックのライブバカラは「4種類」あります。

それらを紹介していきます。

・BACCARART

こちらは、「No Commission Baccarat」となります。

「No Commission」。つまり、「販売手数料が必要ない」ゲームです。

「ノータックスバ」からとも呼ばれています。

通常、勝ち分には「5%の手数料」が引かれており、払戻額はベット数の「95%」となっています。

その「5%の手数料」を差し引かれないようにしたのが、「No Commission Baccarat」です。

ただし一定の条件もあり、バンカーに賭けて「6」の数字で買った場合には、払戻額が「50%」となります。

この条件のことを、「バンカー6」と言います。

・7 SEAT BACCARAT

テーブルの席が「7つ」に限定されているゲームです。

それぞれのユーザーがベットを賭けられるテーブルポジションが指定されています。

これにより、1つの座席には無限にユーザーが着席することができますが、自分の席の自分のベットしか見れません。

・7 SEAT BACCARAT

こちらは、「No Commission7 SEAT Baccarat 7 SEAT」となります。

「No commission(販売手数料なし)」と「7 SEAT」と掛け合わせたゲームです。

・BACCARAT DRAGON JACKPOT

これは、カードが配られる前に通常の賭け金とは別にチップを賭け、特定の点差で勝った場合に、配当がもらえるというものです。

SA GAMING

1 会社概要

SA GAMINGは、アジアでも有数の「オンラインエンターテイメントプラットフォームプロバイダー」です。

最先端のテクノロジーを活用し、精励な専門家によって開発され、信頼できるサポートサービスが付属しています。

「マルタゲーミングアワード」で「アジアン・プラットフォーム・プロバイダー・オブ・ザ・イヤー」、「IGA 2020」で「ライブカジノ・オブ・ザ・イヤー」などの受賞暦があり、業界で高く評価されています。

2 バカラゲームの種類

SA GAMINGのライブバカラは「5種類」あります。

それらを紹介していきます。

・Baccarat C01〜06

・Baccarat S02〜10

・Baccarat P01〜08

これらは通常のバカラとなります。

テーブル数が合計「23」と、人気を裏付けています。

・Auto Baccarat A01~16

このゲームの特徴は、自動で動いてくれます。

テーブル数も「16」あり、初心者にも人気のある種類となっています。

・Speed Baccarat S11〜16

通常のバカラと比較して、ゲームの進行が単純に早いです。

例えば、カードを伏せることなくすぐに提示したり、待ち時間が短縮されています。

短い時間で多くのゲームを行いたい方にオススメです。

まとめ

ここまで、ワンダーランドでバカラを楽しむ方法をお伝えしてきましたがいかがでしたか?

バカラが身近なものに感じたのではないでしょうか。

バカラは、そのシンプルなゲーム性から上級者はもちろん、初心者にも敷居の低いゲームとなっております。

そして、ワンダーランドでのライブバカラなら、自宅にいながらにして臨場感を味わいながら楽しむことができます。

バカラと一言で言っても、非常に種類が多く、自分好みのものがきっと見つかると思います。

この記事がオンラインカジノに興味を持つきっかけとなり、あなたの人生における新たな趣味となれば幸いです。

 ワンダーカジノ公式サイト

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました