ワンダーカジノは本人確認が不要って本当!?

ワンダーカジノ

ワンダーカジノを始め、オンラインカジノが最近は増えています。

日本にはカジノというものがないために、まだ少し不安な要素を感じる方も多いかと思います。

しかし実際には、安全性を保つための本人確認などが工夫されています。

ワンダーカジノがどんなカジノか復習

ワンダーカジノは、オンラインカジノを提供する企業です。

オンラインカジノはランドカジノと同じく現金を用いて行うカジノゲームのため、実際に現金の出入金を行う必要があり、そのために本人確認もしっかりしています。

数あるオンラインカジノの中でワンダーカジノの特徴と言えば、最短で30秒、60分以内の高速出金が保証されているということ、そして24時間365日、日本語対応サービスを行っているということ、月間の引き出し上限無制限、業界最高クラスのリベートボーナスということが挙げられます。

今までに挙がっていた、オンラインカジノのストレスポイントをクリアする内容になっています。

オンラインカジノ業界を見渡しても、これらの特徴が大きく話題性を引き起こされていてワンダーカジノの利用者がとても増えていることもあり、本人確認書類のハードルが少し和らぐ方向性となっているんです。

ワンダーカジノで本人確認は必要なのか

実はそもそも本人確認をしなくてもワンダーカジノの登録を行えば入金を行い、カジノで遊ぶことは可能です。

しかし大勝ちしたら、当然出金したいですよね。

オンラインカジノにおいての本人確認書類は、この出金を行う際に必要になってくるのです。

 

ところが、2020年10月からワンダーカジノでは仮想通貨だけ限定で入出金の本人確認が不要となったのです。

これは仮想通貨がそもそもブロックチェーンの信頼性を保持しているため、どこからどこにお金が流れたか追うことができる仕組みからワンダーカジノではハードルを下げる要素になったと言われています。

仮想通貨が銀行以上の地位にまで高まってきたことを意味してますね。

ただし、本人確認が不要なのは仮想通貨だけですので、他の入出金方法を使う場合は通常の提出が必要です。

 

いつでも出金することができるように、できれば登録と同時に、もしくはできるだけ早い段階で各種書類の提出をしましょう。

ワンダーカジノの楽しみの一つに、バースデーボーナスがあります。

このボーナスを獲得するためには、本人確認書類が必要になります。

これは誕生日を正確に把握する必要があるためですが、このボーナスもしっかり獲得するためにも、本人確認書類はやはり早い段階で提出しておきましょう。

ワンダーカジノの本人確認の提出方法

本人確認の必要な三つの書類は、「顔写真付き身分証明書(表面)と本人が一緒に写った写真」「顔写真付き身分証明書(裏面)と本人が一緒に写った写真」「住所確認書類」になります。

本人確認書類として認められているのは、「運転免許証裏、表」「パスポートの写真のあるページ」「住民基本台帳カード裏、表」「マイナンバーカード表面」です。

これらの中から一つを選び、書類を手に持ち本人と一緒に写真に撮ります。

住所確認書類として認められているのは、「公共料金、携帯電話やインターネット回線の料金明細書」「クレジットカード利用明細書」「住民票運転免許証裏表」です。

発行から3ヶ月以内のものを4隅が入るように撮影してください。

これらの撮影が終了したら提出するのですが、メール、チャットによって提出します。

 

なお、ワンダーカジノの本人確認の詳しい手順や、最新情報は下記でも詳しく更新されています。

 ワンダーカジノ最新情報ページ

 

ワンダーカジノを始めたのなら、やはり「勝つ」という目標に向かいたいものです。

そして「勝ち」はいつ訪れるか分かりません。

その時がいつ訪れても良いように、準備を万端に整えておきましょう。

 

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました