ワンダーカジノは本人確認が不要って本当!?

ワンダーカジノ

ワンダーカジノをはじめ、オンラインカジノが最近は増えています。

日本にはカジノというものがないために、まだ少し不安な要素を感じる方も多いかと思います。

しかし実際には、安全性を保つための本人確認などが工夫されています。

ワンダーカジノがどんなカジノか復習

ワンダーカジノは、オンラインカジノを提供する企業です。

オンラインカジノはランドカジノと同じく現金を用いて行うカジノゲームのため、実際に現金の出入金を行う必要があり、そのために本人確認もしっかりしています。

数あるオンラインカジノの中でワンダーカジノの特徴と言えば、最短で30秒、60分以内の高速出金が保証されている、そして24時間365日、日本語対応サービスを行っている、月間の引き出し上限無制限、業界最高クラスのリベートボーナスというものが挙げられます。

今までに挙がっていた、オンラインカジノのストレスポイントをクリアする内容になっています。

オンラインカジノ業界を見渡しても、これらの特徴が大きく話題性を引き起こされていてワンダーカジノの利用者がとても増えていることもあり、本人確認書類のハードルが少し和らぐ方向性となっているんです。

ワンダーカジノで本人確認は必要なのか

実はそもそも本人確認をしなくても、ワンダーカジノの登録を行って入金すれば、カジノで遊ぶことは可能です。

しかし、それだけでは出金できない場合があります。

当然、大勝ちしたら出金したいですよね。

ワンダーカジノにおいての本人確認は、この出金を行う際に必要になってくるのです。

「仮想通貨」利用の場合

ワンダーカジノでは2020年10月以降、「仮想通貨」での入出金に限り、本人確認が不要となっています。

これは、仮想通貨がブロックチェーンの信頼性を保持しているため、どこからどこにお金が流れたか追うことができる仕組みだからです。

そのため、ワンダーカジノでは入出金のハードルが下がったと言われています。

仮想通貨が、銀行以上の地位にまで高まってきたことを意味してますね。

「クレジットカード」利用の場合

本人確認を行わずに出金ができるのは「仮想通貨」での入出金のみに限られます。

クレジットカードでの出金には、各種事前手続きが必要となります。

初めて出金する際に、「本人確認書類」及び「住所確認書類」をアカウント設定のKYCページでアップロードします。

いつでも出金することができるように、できれば登録と同時に、もしくはできるだけ早い段階で各種書類の提出をしましょう。

 

また、ワンダーカジノの楽しみの一つに「バースデーボーナス」があります。

このボーナスを獲得するためには、「各種確認書類」が必要になります。

虚偽申告を行い、ゲームを始めたその月に「バースデーボーナス」を受領しようという不届き者がいないとも言い切れません。

当然ながら、誕生日を正確に把握するために必要となります。

このボーナスをしっかり獲得するためにも、「各種確認書類」は早い段階で提出しておきましょう。

ワンダーカジノの本人確認の提出方法

それでは、具体的な「各種確認書類」の提出方法について説明していきます。

入出金絡みのため、身元確認は厳重に行われています。

当然ながら、「本人確認書類」と「現住所確認用書類」の内容(住所等)が一致していなければいけません。

本人確認書類(顔写真付き)

「本人確認書類」として認められているのは下記の「5つ」です。

・運転免許証裏(両面)

・パスポート

・住民基本台帳カード(両面)

・マイナンバーカード(表面)

・在留カード(両面)

これらの中から一つを選び、「書類を手に保持した状態」で写真を撮る必要があります。

なお、運営側であるワンダーカジノが求める本人確認の情報は、「顔写真」「名前」「生年月日」「住所」「発行日」「有効期限」となっています。

また、「本人確認書類」を撮影する際には、「書類の4隅が入った状態」且つ「文字がはっきり見える状態」でなければ審査に通りません。

見切れていたり、ピントが合わずぼやけているものは不適格です。

以上の点に注意に留意し、書類の両面ともに本人と一緒に撮影してください。

現住所確認用書類(公共料金などの請求書)

「住所確認書類」として認められているのは、以下の3種類です。

・公共料金、携帯電話やインターネット回線の料金明細書

・クレジットカード利用明細書

・住民票

 

こちらにあっても「本人確認書類」と同様に、「書類の4隅が入った状態」且つ「文字がはっきり見える状態」でなければ審査に通りません。

また、以下のような条件もあるので注意してください。

・当日から「3ヶ月以内」の発行日の書類。

・PDF、WEB明細画像ではなく「原本」であること。

・ 名前、住所が「1枚に記載」されている。

本人確認書類のアップロード

「本人確認書類(顔写真付き)」及び「現住所確認書類」を撮影したら、各種確認書類をアップロードします。

マイページより、「アカウント設定」から「KYC」をクリックします。

※KYC:Know Your Customer =本人確認手続き

「本人様確認書類」及び「現住所確認用書類」をそれぞれアップロードします。

アップロード可能なサイズは「 2MB 以下」であり、「.png」「.jpeg」形式 に限られます。

各種確認書類の審査完了後にメールが届きます。

指摘を受けた際は、再度訂正verをアップロードしましょう。

審査に時間が掛かることもあります。気長に待ちましょう。

クレジットカードでの出金時に必要な書類

初めての出金には、「本人様確認書類」及び「現住所確認用書類」に加えて「クレジットカード」にあっても必要となります。

各種確認書類と同様に、「書類の4隅が入った状態」且つ「文字がはっきり見える状態」でなければ審査に通りません。カードの両面ともに、本人と一緒に撮影することも変わりません。

 

クレジットカード特有の注意点がいくつかありますので、よく準備した上で撮影に臨んでください。

・クレジットカード表面の「上6桁」及び「下4桁」以外の数字を、付箋などで隠して撮影。

※カード番号: ○○○○-○○XX-XXXX-○○○○ 「○」部分のみ表示

・クレジットカード裏面の「CVC番号」を付箋などで隠して撮影。

・「名義人」「カード番号」「カード有効期限」「ご本人の署名(裏面)」が確認できるように撮影。

・「3桁のCVV(裏面)」は、紙などで隠しても問題なし。

・スキャナー等でデータ化された画像ではなく、「現物」であること。

・加工及び修正されていない。

・提出時点で有効期限内。

・実体のない「バーチャルカード」を利用の場合、「お名前(ニックネーム)」「カード番号」「該当ページのURL」が確認できるスクリーンショット画像を送信する。

 

アップロード要領は、各種確認書類と同じです。

携帯番号の認証

最後の本人確認が「携帯番号の認証」です。

こちらにあっては各種確認書類のアップロードとは異なり、比較的早く終わります。

マイページの「アカウント設定」から「アカウント情報」をクリック。

携帯番号欄に自身の番号を打ち込み、右側の「携帯番号認証」をクリック。

「認証コード欄」に記載されている「4桁の数字」を入力し、発送ボタンをクリック。

携帯電話に「認証コード」が届きます。

120秒以内に「認証コード」を打ち込んで認証させてください。

※120秒後に新規の「認証コード」が届きます。

まとめ

ワンダーカジノでは、「本人確認」不要でゲームを楽しむことができます。

しかし、「出金」の際には「本人確認」が必要不可欠です。

 

ワンダーカジノを始めたのなら、やはり「勝つ」という目標に向かいたいものですよね。

そして「勝ち」はいつ訪れるか分かりません。

そして、その「勝ち」を意味する「出金」を行うには、一連の「本人確認」が必要となります。

 

皆さんが生活を送る中で、何度も「本人確認」を行われたことがあるかと思います。

例えば、「携帯電話の契約」や「銀行での口座開設」などがそうです。

身近なところで言えば、携帯電話のロック解除の際に使用する「Touch ID」や「パスコード」も「本人確認」の1種です。

 

過去に行った「本人確認」と比較して、ワンダーランドのそれは、条件が比較的厳しかったと思います。

「本人と一緒に確認書類を撮影する」や 「確認書類は四隅まで写っていること」というものは、私にとって初めての経験でした。

「そこまで必要なのか?」と内心思いながら手続きしていました。

 

しかし、それだけ「本人確認」が厳しいのは、少なくないお金が入出金されるためであり、ユーザーの保護の観点からくるものでもあります。

そして、セキュリティが万全である証左でもあると思います。

 

何事においても、初期設定というのは手間が掛かるものです。

しかし、「初期設定」であるがゆえ故に、最初に1度行うだけでいいのです。

遊ぶだけならいいですが、利益が発生し、「出金」する際には「本人確認」が必要です。

その時がいつ訪れても良いように、準備を万端に整えておきましょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました